ミッチとしずばぁばのお茶談義

ミッチとしずばぁばのお茶談義

初心者向け茶道ブログ(裏千家茶道)です。

【裏千家茶道】濃茶と薄茶/抹茶・お湯の正しい量とは?


スポンサーリンク

裏千家茶道/お茶の量・濃茶と薄茶の違い

 

ミッチ
茶道ってさ、お茶の量もお湯の量も全部目分量でしょ?難しくない?
 

 

抹茶もお湯も一服の適量が決まっているのよ。では、今回は濃茶・薄茶でお茶とお湯のそれぞれ正しい量をお稽古していきましょう。
 
しずばぁば

 

 

裏千家茶道において、薄茶は茶杓に2杓、濃茶は3杓と言われていますが、人によってそれぞれ違ってきますよね。

 

そこで、このお稽古では、一服の正しい抹茶の量とお湯の量(黄金バランス)を何グラムか?で分かりやすくお伝えしていきます。

 

 

 

濃茶と薄茶の違い

 

そもそも「濃茶」と「薄茶」の違いって知ってますか?

 

裏千家茶道/お茶の量・濃茶と薄茶の違い

 

お抹茶に「濃茶用」と「薄茶用」があるような感じがしますが、もともと濃茶用の抹茶と、薄茶用の抹茶は原料や製法などに違いはありません。

 

何が違うかというと、茶葉の良し悪し

 

濃茶はお茶を多く使い、濃く練って作るものです。そのため、渋みや苦みが強いお茶(下級品)ではなく、上品な香りとまろやかなコクを持ったお茶(上級品)を使います。

 

一方、薄茶は使うお茶の量も少ないですし、お湯もたっぷり使って泡立てて飲みますので、渋みや苦みを楽しむこともできます。

 

ということで、濃茶はいわゆる「いいお茶」を使っています。

 

濃茶用の抹茶を薄茶にして飲むことはできますが、逆に薄茶用の抹茶を濃茶に練ると「苦くて飲めない」ということになってしまうんです。

 

濃茶は上級品

薄茶はそれほどいいものでなくてもOK

 

ということ。

 

 

ミッチ
濃茶と薄茶ってあるけど、お茶屋さんで見ても濃茶とか書いてないよ?
 

 

だいたい「〇〇の白」と書かれているものが薄茶用。「〇〇の昔」と書かれているものが濃茶用ですよ。
 
しずばぁば

 

 

裏千家茶道/お茶の量・濃茶と薄茶の違い



名称は色々ありますが、だいたい白または昔になっているので、用途に合わせて選んでくださいね。

 

 

楽天市場にはこんな抹茶があります

 

Amazonにはこんな抹茶があります

 

 

 
ミッチ
濃茶用の方がだいぶ高いね。
 

 

それだけ高級な抹茶を使っているということなのね。
 
しずばぁば

 

 

ちなみに、最近人気の抹茶チョコにも濃茶を使ったものがあるんですよ。

 

 

濃茶のしらべ(濃茶の生チョコ)

 

まっちゃ綴り(薄茶・上薄茶・濃茶3種類食べ比べチョコ)

 

 

ミッチ
私が大好きなチョコです!
 

 

濃茶を使った抹茶チョコレートは、普段よく食べる抹茶チョコレートよりもかなり濃厚。でも苦みもなく、大人のチョコレートといった感じで、バレンタインにもおすすめです。

 

 

濃茶の量とお湯の正しい量

 

それでは、まず濃茶の量を見てみましょう。

 

濃茶の場合

 

抹茶:4g

お湯:30㏄

 

これが正しい量になります。

 

裏千家茶道/お茶の量・濃茶と薄茶の違い

 

濃茶は1人前茶杓で3杯と言われていますので、かなり山盛りにすくわないと4gにはなりません。

 

平点前では人数分を茶入れに入れていますので、お点前中に迷うことはありませんが、茶入れに入れるときは、きちんと入れるようにしましょう。

 

 

慣れるまでは、量るのもいいですよ。
 
しずばぁば

 

 

裏千家茶道/お茶の量・濃茶と薄茶の違い

 

ミッチ
濃いなー!笑
 

 

これで1人分です。

 

濃茶は人数分を1度に練り、回し飲みをするのが基本的な作法なのですが、コロナ禍により、回し飲みはせず各服点てにしているところが多いかもしれませんね。

 

そのため量が少なく、練りにくいかもしれませんが、茶筅を斜めに寝かせるようにしてしっかり練ってくださいね。

 

 

薄茶の量とお湯の正しい量

 

次は薄茶です。

 

薄茶の場合

 

抹茶:2g

お湯:60㏄

 

これが正しい量になります。

 

裏千家茶道/お茶の量・濃茶と薄茶の違い

 

薄茶は茶杓で2杯です。

なので、茶杓1杯で1gの量をすくわないといけません。

 

 

実際に量ってみると分かりますが、かなり山盛りですよ。
 
しずばぁば

 

裏千家茶道/お茶の量・濃茶と薄茶の違い


お湯の量もかなりたっぷりめ。

 

しっかり入れるようにしましょう。

 

 

ミッチ
柄杓の入れ加減を覚えとかなくちゃダメってことだねー
 

 

 

 

抹茶とお湯の量のまとめ

 

濃茶・薄茶のそれぞれ、お茶とお湯の適量は

濃茶:お茶(4g)+お湯(30㏄)

薄茶:お茶(2g)+お湯(60㏄)

となります。

 

 

ミッチ
適量は分かったけどさー、ぴったりにできる自信はないわー><
 

 

もちろん、ぴったりにしなくてはいけないということではないので、茶杓のすくい加減柄杓から落ちるお湯の音を聞いて、大体の加減を覚えるようにしましょうね。
 
しずばぁば

 

 

 

 

皆さまの応援が励みになっております。

お役に立ちましたら、ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ